« 2009年3月 | トップページ | 2010年8月 »

一ヶ月。

ヨンハちが、いなくなってから、

早や、一ヶ月も経っちゃった。

このひと月ずっと、

ヨンハちの歌声だっけを、聴いてきたけども、

まだ、信じらんなくって、

元気に、頑張ってるような気がして、

とても、不思議な気持ちになっちゃう。

新ドラマの「代役」の話しとか、目にすると、

時間は、流れてるんやなぁ…て、思っちゃう。

寂しいけど、

悲しいけど、

仕方ないんかな。

|

ファンの愛。

ヨンハち。

今回の件で、やむなく中止になっちゃった全国ツアー。

そのチケット払い戻しが、告知されてるらしいねんけども、

今までに、一件も(!)ないんやって。

これって、すごいことだよね。

ファンの人たちの「愛」なんかも。

チケットとか、大事に持っておきたいもんね。

悲しいけど。

これからもず~っと、みんなに愛されていくんだよね。

しあわせ者だね、ヨンハち。

|

昔のまんま。

今朝の芸能ニュースで、

昨日のヨンハちの「献花式」、やってたよ。

東京国際フォーラムって、一度だっけ行ったことあるねんけども、

あの、でっかくって広~ぃ会場が、

ファンの人たちで、ギュ~ギュ~状態やったみたいね。

ヨンハちの写真が飾られたり、映像が流れたりしてたらば、

その場にいた人たちも、

「いなくなったなんて、信じられない」

て気持ちで、いっぱいやったやろなぁ... て思う。

献花に行ったことで、“区切り”がついたりしないもんね。

いつまでも、消えないもんね。

そうじゃなきゃ、かわいそうな気もするし。

んでも、

おっきな写真のヨンハち。

白いシャツに、とびっきりの笑顔のヨンハち。

昔のまんまだね。

ほんま、懐かしい。

元気にしてっかな?

ヨンハち。

|

献花式

今日18日は、

東京国際フォーラムで、ヨンハちの献花式があったんやて。

1万4200人のファンが、来てくれたんやって。

「ホントなら、コンサートで会えるはずやったのに。。。」

と思うと、胸が締め付けられるような気持ちになっちゃうんやろなぁ。

記事を観るだっけでも、悲しくなっちゃうもんね。

この頃は、「WILL BE THERE」てCDを聴いてるねんけども、

ヨンハち、めっちゃうまいよね。

ずっと聴いてると、急に、無性に、ヨンハちに会いたくなっちゃう。

長いこと、コンサートとか行ったことなかったのにね。

ヘンなの。

虹の橋の向こうで、喜んでるといいなぁ。

ね、ヨンハち。

|

買わない。

ヨンハち。

矢継ぎ早に、「追悼特集」の雑誌が発売されてるね。

女性自身とか、ホッチリとか、いろいろ。

しばらく、続くんやろなぁ... こういうの。

んでも、

ワタシゃ、買わない。

きっと、泣いちゃうから。

そんなの見るくらいやったら、

ヨンハちの曲、聴いてる方がいい。

その方が、喜んでくれそうやもん。

ね、ヨンハち。

|

追悼特集②

今日の「HEY×3」で、ヨンハちの特集やってた。

初登場から、ソウルでの中継まで... やったかな。

放送がある時にゃ、必ず録画して、それをDVDにダビングして、

何度も何度も、繰り返し観てたっけなぁ。

初々しい、ヨンハ。

緊張しながら唄ってる、ヨンハ。

イメージ・チェンジのために、

ダイエットして痩せちゃった、ヨンハ。

とっても、懐かしい。

「こんなかわいい子が、もうおれへんなんてなぁ」

母の言葉に、ウルウルしちゃったよ。

もう少し日にちが経ってから、

ワタシが持ってるヨンハちのDVD、

最初っから全部、観直してみよっかなぁ... て、思ってんの。

ドラマも、観てみよう。

楽しみにしてるよ、ヨンハち。

|

ゴメンね。

6月30日。

ヨンハちが、いなくなった日。

全然、更新してないのにもかかわらず、

ここにも、たくさんのチングしゃんが、来てくれてたのね。

気づかずに、ゴメンね。

毎日、車の中で、ヨンハちの曲聴いてるねんけど、

“その頃”の、楽しい思い出しか浮かんでこなくって、

懐かしさしか、感じらんないの。

今は、まだ... ね。

先日、耳にした「STARS」が、とってもいい曲やったもんでね、

CD買おっかなぁ... とも思ったけども、

「遺作」なんて、書かれてると、どうもね。

もう少し経ってから、考えてみよっかな。

ここ数年、ヨンハちの活動を目にしてこなかったワタシには、

あまりに、突然のこと過ぎてね、

あまりに、信じらんないことばっかりでね、

大っぴらに、悲しんでいいものかどうか、

悩んじゃうの。

ヨンハちのこと、考えたり、泣きたくなったりしたら、

ここに来て、書こっかなぁ。

んじゃ、おやすみ。

|

« 2009年3月 | トップページ | 2010年8月 »